• 解説

    通常コンボボックスやリストボックスの内容を更新する場合等は、値集合ソースに

    SELECT * FROM テーブル名 WHERE データ=[Forms]![フォーム名]![コントロール名];
    (正確には[Forms]![フォーム名]![コントロール名].Valueとしますが「.Value」は省略可能です)
    

    等として更新後処理等でコンボボックスに対して再クエリーを実行します。

    この方法だと入力後確定するまでコンボボックスの内容が変化しません。

    文字を入力する度に処理するイベントは変更時イベントを使用します。
    変更時イベントが動作している間はValueプロパティは更新されませんので、変わりにTextプロパティを使用します。
    また、変更時イベントでは再クエリーは実行できません(入力した内容が確定していないから)のでイベントプロシージャ等で値集合ソースを直接書き換えて内容を更新しなければなりません。

    変更時イベントに下記のように記述すると文字を入力するたびに内容が更新されます。

    Me![コンボ].RowSource = "SELECT * FROM テーブル名 " & _
                            "WHERE データ Like '" & Me![コンボ].Text & "*';"
    

スポンサーリンク

スポンサーリンク

説明がわからないなどありましたらお問い合わせでお知らせください。

ここに掲載された情報を使用したことによって発生した、いかなる損害に対しても
管理者である雅は一切責任を負いません。

スポンサーリンク